首都圏、関西圏、他地方都市の商業ビル、オフィスビル、レジデンス、遊休地等で、中古物件を対象とした不動産再生事業を営んでおります。
 当社のバリューアップノウハウによって不動産の価値を高めることが可能と判断される物件を独自にまたは親密先と共同事業形式等で取得し、エリアの特性などニーズに合わせたバリューアップを行い販売しております。
 また、単に不動産を販売して売却益を得るのではなく、賃貸契約の整理や企画変更によるバリューアップなどあらゆる可能性を探求し、よりリスクが少なくパフォーマンスの高い価値を創造し、不動産の持つポテンシャルを最大限に活かし運用収益を高める事業です。
 建物の構造を残しながら用途を変更するコンバージョンにも取り組み、豊富な人材、情報収集力と企画力を発揮しております。




<2015年>
岡山市「警察官舎跡地」プロジェクト

 本件土地は、JR岡山駅西口から徒歩5分程の好立地の土地でしたが、警察官舎の老朽化、及び周辺が民家に囲まれており、有効活用が困難であり、地元で買い手がつきませんでした。
 当社は本件土地の情報取得後、不動産開発ノウハウを生かして、周辺の入り組んだ多くの地権者と協議を重ね、権利関係を調整してまいりました。 平成26年2月本件土地取得後、かねてより協議を重ねてきた周辺地権者からも土地を取得し、これらを一体整備した結果、極めて有用性の高い土地に仕立てることができました。
 その後、交通至便性、視認性の高い土地、地元からの土地の最適活用の要望等を総合的に勘案し、岡山市に本社を置く学校法人朝日医療学園の新校舎建設用地として、開発許可を取得したうえで同法人に譲渡いたしました。