デザインコンセプト

  • 立地コンセプト
  • デザイン

現地完成予想図

“温かみのある伝統感”と“洗練された都会感”の融合を図りました。
深い歴史と伝統を持つこの街並みと調和するデザインを創出する上で、近年このエリアのシンボル的存在となったスカイツリーを意識し、バランス感覚あるトータルデザインを目指しました。

基壇部には、ウッドルーバーとコントラストあるデザインタイルの貼りわけを採用する事により「あたたかみある伝統感」と「洗練された都会感」の融合を図りました。
総体的なフォルムバランスにおいては、縦に伸びるマリオンと横に延びるタイルの貼り分けボーダーを組み合わせる事により、「高さを演出する存在感」と「広さを演出する安心感」の共生を図りました。

これらのデザインファクターを巧にアレンジする事により、スカイツリーを臨む立地特性を最大限に活かし、周囲の景観とのコントラストを意識した伝統と文化に洗練を融合させた存在感有るグランドデザインを創出いたします。

厳選を重ねたマテリアル

柔らかい色調のホワイトタイルとダークな色調のブラックタイルを巧みに貼り分ける事により、スタイリッシュで存在感ある建物へ導きます。

シャープでエッジの効いたデザインタイルが洗練されたリズムを演出します。

エントランス完成予想図 エントランスホール完成予想図

エントランスにダークカラーの天然御影石を使用する事により住まう方を上質で重厚な空間に迎え入れます。

無機質で清潔感あるアルミタイルは建物により都会的な表情を与えます。

ミラーの使用で、空間に広がりを持たせ、モザイクタイルと組み合わせる事で、ラグジュアリーな空間を演出します。

伝統と先進の融合 ―男性視点×女性仕様の邸―

男性ならではの大胆さと女性ならではの繊細さが融合。暖かみのある伝統感、洗練された都会感を採り入れ、フォルムバランスは、縦に伸びるマリオンと横に延びるタイルの貼り分けボーダーを組み合わせ、「高さを演出する存在感」と「広さを演出する安心感」の共生を図りました。これらのデザインファクターを巧にアレンジし、ディテールまでこだわり抜いた上質なグランドデザインを創出。
都市生活を享受するラグジュアリープレミアム23邸、いよいよデビューします。

清野 燿聖堀之内 美保

  • 立地コンセプト
  • デザイン

※掲載の完成予想図は図面を基に描いたもので外観・外構・植栽等は実際とは異なる場合があります。
※行政指導および施行上の理由等のため若干変更される場合がありますので、予めご了承ください。尚、周辺の建物・環境は表現しておりません。

このページの先頭へ

新着情報

新着情報

  • 資料請求はこちら
  • 来場予約はこちら